HOME>オススメ情報>JRと東横線が利用出来る便利さが人気に輪をかけている

再開発で綺麗な街へ変身

マンション

タワーマンションの乱立で有名になった街が、武蔵小杉です。地方に住む人は武蔵小杉は東京都内にあると考えがちですが、残念なことに多摩川を挟んだ川崎市に存在する街になります。その昔は町工場が多く暗いイメージの街でしたが、工場の移転などから起きた街の再開発でとんでもなく新しい街へと変身しました。JR線と東横線が走ることで有名ですが、乗り換えするためには10分ほどの移動時間を必要としますので注意が必要になって来ます。再開発された街であることから、買い物などに不便を感じることはなく、全てが揃っている便利な街と言う印象を持つことになるでしょう。そんなことから、賃貸物件に住みたいと考える人が多くなるのも当然なことかも知れません。

タワーマンション人気で高額に

家族

武蔵小杉に住みたいと考える人が頭に浮かぶマンションは、タワーマンションと思われます。タワーマンションに憧れを持つ人が、この武蔵小杉の街に集まって来ると言っても過言ではないでしょう。しかしさすがにタワーマンションの家賃は他の賃貸物件より高くなっているのが、現実です。住む階数によっても違いが出て来るのですが、1LDKでは20万円前後と言うのが、一般的と考えて良いでしょう。従来からあるマンションに比べると、かなり高額になっていると知りましょう。

都心に出やすい街

マンションの模型

武蔵小杉周辺で賃貸マンションを探す時には、一つ違う駅周辺を探すことも良い方法と言われます。東横線では新丸子や元住吉、JR南武線の向川原周辺で探すことも、良い物件が見つかることが多くなっています。賃貸物件の家賃が高いと言うことは、入居時にはかなりの出費になってしまう覚悟が必要になります。敷金・礼金が二ヵ月分、仲介手数料や前家賃にそれぞれ一ヵ月分かかる場合が多く、その費用の捻出にも頭を痛めることになりかねません。都市に出やすく、人気の街と言う理由から、家賃の高騰は避けられないものと思われます。

広告募集中